非常時でも冷静な行動を!天災のための備えについて

震災があった時に死傷した方の理由の内かなり多いのは、火や調度品が倒れ為の圧死でした。いい加減に置いてあったインテリアの散乱で怪我したり死んでしまう事を防ぐには、いったいどの様にすればよいか確認しましょう。食料のストックは大事ですが、飲料水ですとか火気を用意しないと調理できませんと言うのは不便でしょう。すぐに摂れる災害時用食料品を厳選して、少しづつ備蓄していきましょう。買ったまま賞味期限まで放っておくのではなしに、ローテーションで時たま食べる様にしてつけ足すと言う形がおススメです。職場とご自宅に置いてある家具に関して再度確認して、転倒を防ぐための工具を取り付けたりプロの業者が行なう耐震改修等を指して事前減災という風に言います。余裕がある時に確認しておいて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です